お買い物ガイド

個人向け挨拶状

法人向け挨拶状

オプション

挨拶状の知恵袋

会社情報


■営業日カレンダー

※赤色が休業日です。
※土曜日は通常より営業時間が短い場合もございますのでご注意下さい。



和歌山みかんを産地直送【紀州三昧】

オンデマンドP

ショップカード印刷

冊子印刷

学会印刷.com




地図印刷のご注文方法

地図印刷 STEP-1 ご希望の挨拶状のご注文画面で「希望する」をお選び下さい。

image

地図印刷 STEP-2 ご用意できる地図の内容をお選び下さい。


JPEG、EPS等の画像、またはイラストレーターやフォトショップで作成したデータがある

当社ではデータ修正などを行いません。印刷に適したデータをご用意下さい。
*サイズの縮小等は当社で行うことも可能です。

(1)画像データがある

※拡張子が「.eps」または「.jpg」などで、解像度が250〜350dpiのもの)

HPで使用している画像、エクセル、ワード、パワーポイントなどで作成されたデータは解像度が足りず印刷できませんのでご注意下さい。
画質見本
高解像度の場合
(解像度が高い)
画質見本2
低解像度の場合
(解像度が低い・足りない)
*解像度の低さによっては文字が全く読めない場合もございます。

(2)Adobeソフトでデータを作成する


Adobe Illustrator データ作成について

  • お客様の方で、普段印刷物に使用している地図データがある場合は、それをご用意下さい。(ただし、普段使われているサイズより大きく印刷される場合は、使用できない場合もございます)
  • CS〜CCまでの対応となります。CS以下のバージョンで作成の場合は、PDF形式でご入稿ください。
  • データは「印刷したいサイズ(原寸大)」、「解像度300dpi以上」で作成してください。
  • 解像度が足りない場合、画質が粗く綺麗に印刷できません。解像度の足りないデータは高解像度に変換することはできませんのでご注意下さい。
  • 文字は必ず「アウトライン(画像化)」 をかけて下さい。

文字のアウトライン化について
フォント情報は、それぞれのパソコンにインストールされているフォントに依存していますので、アウトライン化されていないフォントは、別のパソコンで開くと、「意図しないフォントに置き換わってしまう」場合があります。
アウトライン(図形)化されることで、文字化け等のトラブルを防ぎ、正しい印刷物を印刷することができます。
アウトライン作成手順の図。アウトライン化したい文字や文章を選択した状態で、「書式」>「アウトラインを作成」を選んでください。 矢印
アウトライン化後のイメージ

TOPに戻る


Adobe Photoshop データ作成について

  • お客様の方で、普段印刷物に使用している地図データがある場合は、それをご用意下さい。(ただし、普段使われているサイズより大きく印刷される場合は、使用できない場合もございます)
  • CCまでの対応となります。(拡張子:.psd)
  • データは「印刷したいサイズ(原寸大)」、「解像度300dpi以上」で作成してください。
  • 解像度が足りない場合、画質が粗く綺麗に印刷できません。解像度の足りないデータは高解像度に変換することはできませんのでご注意下さい。
  • レイヤーは必ず一つに統合してください。

レイヤーの統合について
印刷しない不要なレイヤーを削除してから、レイヤーをすべて統合してご入稿ください。
1つのデータに複数のページデータ(複数レイヤー)があるものは印刷できません。
psd形式のデータのレイヤーを一つに統合する図

TOPに戻る

お客様が用意した原稿から、当社で作成する

参考となる地図原稿(手書き、もしくは普段使われているチラシやパンフレットなど)を、メールかFAX、もしくは郵送して頂き、その原稿を元に当社で作成します。

手書き地図原稿 作成地図
手書きの地図原稿 手書きの原稿から作成した印刷用データ完成品
*デザイン確認の際に、「この道を細くして、もっと下に」「この建物はもっと左に」等の微調整が可能です。

頂いた原稿に沿って作成しますので、印刷するイメージに近い原稿をご用意下さい。
例えば、地図帳など、細かく詳しすぎる地図(例/Google mapをそのまま使う)より、適度に簡略化した原稿をご用意下さい。

■地図印刷イメージ例

地図イメージ
(例)地図の大きさは約6cm×4cm
*本文の文字数によってもっと小さくなる場合がございます。
地図イメージ
(例)地図の大きさは約7cm×6cm
*本文の文字数によってもっと小さくなる場合がございます。

TOPに戻る

ロゴマーク印刷のご注文方法

ロゴマーク印刷 STEP-1 ご希望の挨拶状のご注文画面で「ロゴマーク印刷希望」にチェック

image

ロゴマーク印刷 STEP-2 ご用意できるロゴデータの内容をお選び下さい。


JPEG、EPS等の画像、またはイラストレーターで作成したデータがある

当社ではデータ修正などを行いません。印刷に適したデータをご用意下さい。
*サイズの縮小等は当社で行うことも可能です。

(1)画像データがある

※拡張子が「.eps」または「.jpg」などで、解像度が250〜350dpiのもの)

HPで使用している画像、エクセル、ワード、パワーポイントなどで作成されたデータは解像度が足りず印刷できませんのでご注意下さい。
画質見本
高解像度の場合
(解像度が高い)
画質見本2
低解像度の場合
(解像度が低い・足りない)
*解像度の低さによっては文字が全く読めない場合もございます。

(2)Adobeソフトでデータを作成する


Adobe Illustrator データ作成について

  • お客様の方で、普段印刷物に使用している地図データがある場合は、それをご用意下さい。(ただし、普段使われているサイズより大きく印刷される場合は、使用できない場合もございます)
  • CS〜CCまでの対応となります。CS以下のバージョンで作成の場合は、PDF形式でご入稿ください。
  • データは「印刷したいサイズ(原寸大)」、「解像度300dpi以上」で作成してください。
  • 解像度が足りない場合、画質が粗く綺麗に印刷できません。解像度の足りないデータは高解像度に変換することはできませんのでご注意下さい。
  • 文字は必ず「アウトライン(画像化)」 をかけて下さい。

文字のアウトライン化について
フォント情報は、それぞれのパソコンにインストールされているフォントに依存していますので、アウトライン化されていないフォントは、別のパソコンで開くと、「意図しないフォントに置き換わってしまう」場合があります。
アウトライン(図形)化されることで、文字化け等のトラブルを防ぎ、正しい印刷物を印刷することができます。
アウトライン作成手順の図。アウトライン化したい文字や文章を選択した状態で、「書式」>「アウトラインを作成」を選んでください。 矢印
アウトライン化後のイメージ

TOPに戻る


Adobe Photoshop データ作成について

  • お客様の方で、普段印刷物に使用している地図データがある場合は、それをご用意下さい。(ただし、普段使われているサイズより大きく印刷される場合は、使用できない場合もございます)
  • CCまでの対応となります。(拡張子:.psd)
  • データは「印刷したいサイズ(原寸大)」、「解像度300dpi以上」で作成してください。
  • 解像度が足りない場合、画質が粗く綺麗に印刷できません。解像度の足りないデータは高解像度に変換することはできませんのでご注意下さい。
  • レイヤーは必ず一つに統合してください。

レイヤーの統合について
印刷しない不要なレイヤーを削除してから、レイヤーをすべて統合してご入稿ください。
1つのデータに複数のページデータ(複数レイヤー)があるものは印刷できません。
psd形式のデータのレイヤーを一つに統合する図

TOPに戻る

お客様が使用しているロゴを、当社で印刷用にトレース(書き起こし)します。

当社でロゴのデザインは行っておりません。
印刷用データに書き起こす作業のみ行っております。

実際にお客様がパンフレットやチラシ、HPなどで使用しているロゴマークを、メールかFAX、もしくは郵送して頂き、そのロゴマークを当社でトレース(書き起こし・パソコン上でロゴを透かして描き写し、印刷用データにします。)します。

画質見本2
画質見本
インターネットで使用しているデータやチラシ・パンフレットに使用しているロゴをスキャン、または写真にとったもの等
*ロゴの手書き原稿からの書き起こしはできません。
印刷用データに書き起こしたもの

小さすぎる画像・印刷物からはトレースできない場合がございます。ご注意下さいませ。

TOPに戻る

データの送信方法

注文後すぐに返信される「自動返信メール」に
「データ送信用フォーム」という記載がございます。
そちらのURLから、地図・ロゴのデータをご入稿いただけます。

TOPに戻る